『マスターダイバーコース』はダイビングのスキルアップと『ストレス&レスキュー』といったダイビングに潜む危険を回避する方法を学びます。 ダイビングインストラクター サイトマップ
ダイビングインストラクターとダイビングスクール ワンダーリーフ
お問い合わせ   HOME > ダイビングライセンスを取得するには?
ダイビングライセンスを取得する

マスターダイバーコース



*只今、キャンペーン実施中!

  詳細は下記ページをご参照ください
  http://www.diving-instructor.jp/license/stepup-kyanpein.htm




自立したダイバーになる近道は、できるだけ多くのダイビングの経験を積む事です。スペシャルティは、知識とスキルを同時に高め、新しい自信を生みます!『マスターダイバーコース』はダイビングのスキルアップを計るだけでなく『ストレス&レスキュー』といったダイビングに潜む危険を回避するすべを学びます。ダイバーの最高峰、『マスターダイバー』になって自分達だけのダイビングを楽しみましょう!!

マスターダイバ−講習の仕組み

通常のファンダイビングの合間に4つのスペシャルティを遊びながら、楽しみながら受講していただきます。もちろん、ダイビングに必要不可欠な、危険の回避方法『ストレス&レスキュー』も受講します。『気付いたらダイバーの最高峰ランクに!』楽しむと同時に危険を回避できるマスターダイバーもいつのまにか身につくのです。
基本的にスペシャルティにつき2本の海洋経験(講習)が必要です。事前に学科講習を受講します。いくつかのスペシャルティを組み合わせて受講することも可能ですので、料金に付きましてはこちらをご確認下さい。お勧め(基本)スペシャルティは ナビゲーション・ボート・ディープ・ナイトです。必須スペシャルティはストレス&レスキューです。

『マスターダイバー』コース Q&A

自立したダイバーって何?!

あなたは自分でセッティングができますよね?   
では、バディ同士でダイビングの計画を立てて潜る事はできますか?自信がありますか?何かトラブルが起きた時に対処できる術を知っているということは、安心感を生みます。新しい・素晴らしい海の世界に訪れるダイビングを安全かつ楽しめるダイバー。それが『自立したダイバー』ではないでしょうか?


ガイド無しのダイビング?危険な気がするし、どんなメリットがあるの?

『マスターダイバー』に限らずダイバーの皆さんはガイドをつけなくても潜れる資格を持っています。
   ただ、自信がない・トラブルが起きたらどうする?・・・といったダイバー自身のスキル不足のため『ガイド潜水』が主流となっているのです。このまま『ガイド潜水』を続けるとスキルアップはおろか、経済的にも損をします。少なくとも、ダイブにつきガイド料\3,000〜5,000は支払っています。それより、『マスターダイバー』になって自分の好きなようにダイビングしましょう!


モニタースケジュール

 下記は『マスターダイバーコース』を沖縄でまとめて受講した場合の標準スケジュールとなります。ご参考下さい。
1日目 日中→沖縄到着※スタッフが空港までお迎えにあがります。
午後→ビーチダイビング(ナビゲーションなど)
夕方→ナイトダイビング
2日目 朝→宿泊ホテル(那覇周辺)までお迎えにあがります。2ビーチダイビング(ストレス&レスキューなど)
夕方→ナイトダイビング
3日目 朝→宿泊ホテル(那覇周辺)までお迎えに上がります→2ボートダイビング(ディープ・ボートなど)
申請用紙に記入(ダイビング本数が50本に達している場合,カード発行手続き)
4日目 お帰りの日

 

ダイビングインストラクターMENU
  1. スキューバーダイビングをはじめよう!
  2. 体験ダイビングをしよう!
  3. ダイビングライセンスを取得するには?
  4. ダイビングライセンスを取得する!
  5. ステップアップコースのご案内
  6. ワンダーリーフの主張
ダイビングライセンス TOPへ
ワンダーリーフ最新情報

ダイビングライセンスを取得する
ダイビングインストラクターになる

ダイビングツアー情報
ワンダーリーフ写真館
ワンダーリーフへのアクセス

ワンダーリーフ大阪 STAFF紹介

ワンダーリーフ大阪 掲示板

ダイビングインストラクター.jp サイトマップ

ダイビング リンク集

ダイビングインストラクター お問い合わせ・お見積もり